ダイヤモンドメソッド

【カラーバス効果】を知るだけで、人間関係、夫婦関係が楽になる!#041

人はそれぞれ 価値観や興味関心ごとが違います。

100人いたら100通りの個性があるのですが
これに関して疑う人はいないですよね。

『みんな違う』という事は
誰でも頭ではわかっているつもりなのですが、

現実問題、人とのかかわりの中で
この知識が全くと言っていいほど生かされてはいません。

人間関係のつまずきは この部分を
ちゃんと理解していないために 起こっているのです。

例えば、
夫婦や家族間でよくあることが、

ぬいだ服や靴下は洗濯機に入れて!と家族に言ったとします。
その場では、「わかった!」と答えても
次の日にはまた脱ぎっぱなしになっていて、

「も〜〜〜!!何度言えばわかるの? 」と奥さんがキレる!

なんてことは どこの家庭でもあるような出来事ですよね・・。

「言った!」
「聞いた」
「了解した」
なのに・・・・・・
「忘れた!」
日々この繰り返しです。

奥さんからすれば、
「脱ぎっぱなしだと部屋は、ちらかるし、
いちいち拾って洗濯機にいれなきゃいけないし
洗う人の身になってみてよ! 」
というのが言い分です。

脱ぎ散らかした家族からしたら、
「今やろうと思ってた。」
「 あとでやるつもりだった」
「 それくらいやってくれたら良いじゃん!」
「 いちいちうるさいな! 」

と・・こうなります。

他にも
電気をつけっぱなし、
ドアを開けっ放し
ものを出しっぱなし・・

このレベルのことが 日常的に積み重なると
奥さんはだんだんストレスが溜まってきます。

脱ぎ散らかしたりするのは別にたいしたことでは
ないのですが、

やってもらって当たり前だと思って

家族は誰も感謝してくれないし、
他にも悩みがあったり、
忙しくて余裕がなくなったり、不満ごとなども
積み重なってくると

「もういい加減にしてよ!! 」と、どこかで爆発する!
みたいなことになりかねません。


これは家族間でのあるあるですが、
友人、知人関係でも 同じように
何度言えばわかるのか??という事ありますよね 。

ここで言えるのは 最初にお伝えしたように
人はそれぞれ関心事や価値観が違うので、
自分の当たり前はたとえ家族であっても
当たり前ではないということなんです。

脱ぎ散らかしたり、やりっ放しというのは
困らせようとしてるわけでも
わざとやってるわけではなく

そもそも興味関心がないことなので、
いつもの習慣でついついやっちゃう
というのが現状なんです。

人は興味、関心や意識に応じて同じ景色を見ていても
まったく違ったものを見ています。

目のまえにあるから視界に入ってるし、わかるはず
とおもっても 興味関心がなければ全く見えていないのです。

見ているのに見えてないってどういうこと?
と思うかもしれませんが、

子供に全く興味関心が無かった人が、
自分に子供ができた瞬間 他人の赤ちゃんや
赤ちゃん関連のものが やたら目に着くようになったり、

車を買った瞬間、同じ車種がやたら多く
目につくようになった経験ないですか?

これは、 人間の心理効果の一つとして
『カラーバス効果』といって 意識した情報だけが
どんどん目に入ってくるという現象が実際にあるのです。

毎日毎日、言い続けている奥さんは、
部屋を散らかさないで!と すごく意識をしているので、
このカラーバス効果によって余計に他の事まで
目につくようになってイライラしてしまう。

片付けを一つの例にだしましたが、

それ以外でも、
「何回言えばわかるの?」というような事柄は
相手が全く興味 関心、意識をしていない証拠なのです。

相手が期待に応えてくれなくてストレスをためるなら、
もう期待しなければ、ストレスをためなくてすむので、

もうあきらめるか、別の対策を考える必要があります。

別の対策としては、
一つの方法として、相手に興味関心をもたせることさえできれば、
言わなくても相手の視界に情報として勝手に入っていくので、
智恵を使っていかに相手に意識をもたせるかと言うことに
労力を使ったほうが良いわけです。

自分が経験したことなら意識はいくので、
うまいこと1週間とか代わりにやってもらうのも一つの手です。

自分が当たり前にできたり、 当たり前だと思っていることでも
自分以外の人にとっては当たり前ではないので、

人間関係で「もお〜!」と思うようなトラブルがあったときには
ストレスを溜めるのではなく、カラーバス効果を思い出し

あなた自身もそれ以上の喜びごとに意識関心をむけ
更にさらに嬉しいことを見つけ出して
幸せを引き寄せてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です