ダイヤモンドメソッド

才能は一体どうすれば見つかるの?#006

今日は【自分の才能をどうやって見つけるのか?】 という内容をお伝えします。

前回のブログで、
「なぜ世の中の99%の人は自分の才能を知らずにいきているのか」
という理由をお伝えしていますので、
まだの方は、是非そちらもご覧になってくださいね!

前回もお話しましたが、 あなたは、
・どんなことに喜びを感じるか
・どんなときに怒りを感じるか
・どんなことに最大の価値を感じる魂なのか?

普段あなたが感じている感情を掘り下げて分析するだけ 魂の本質は出てきます。

ただコンサルなら、1対1の個別で、 対話しながら誘導していくので
見つけることができるのですが、
ご自身ででやるのは ちょっと難しいかもしれませんので
いろいろある手法の中の中で 誰でも簡単に見つれられる
一番簡単な方法をお伝えしていきますね。

【魂の才能はズバリ!ある場所の裏側に隠れている】


今日は、これからワーク形式でやっていきますので、 私の誘導にしたがって、 取り組んでみてくださいね!

ではワークを始める前に、
・ノート
・黒のボールペン
・カラーのボールペンを1本(何色でもOK)
の準備をお願いします。

では、こちらのワークシートをご覧ください


ここには、いろんな性格が書いてあります。

このなかで、自分自身にに当てはまる!と思う 項目をすべて黒ボールペンで
ノートに書き出してしてみてください。
むづかしく考えなくていいので、 そうかな!と思えば片っ端から書き出してもらえば大丈夫です。

そのときにワードとワード間を詰めないで、 すこし開けて書き出していってください。

では次に書き出したワードのなかから、
短所だと思うワードまたは、自分的に嫌だなと思うワードに カラーペンで印をつけてください。

少し解説をしますね。

物事というのは、見る人や、見る角度によって 意味が全く変わってきます。

例えば「包丁」は 、愛情込めて美味しい料理を作ることもできれば、
人を害する武器にもなりますよね。

そのように物事はプラスの面も、マイナスの面も併せ持っているものなんです。

だから、あなたが、【短所】と思ってるものも、 見方を変えれば【長所】になるわけです。

【短所】と認識しているのは、あくまでも、あなた自身の捉え方であって、事実かどうかは、まったくもって別問題なのです。

では、 あなたが、印をつけた【短所】を見ながら 一つづつ、
その短所のプラスの面はなにかということを 書き出します。

今からお伝えする事を参考にしてワードの横にカラーペンで書いてみてください。

【短所】と捉えているそのワードを
「それってすごい才能だよね!」という見方に変えると どうなりますか?

例えば、
【短気】 こういう人は頭の回転が早い 人よりも早く結論が見える能力
【八方美人】  誰とでも調和できるコミュニケーション能力が高い
【ずうずうしい】 ひと目を気にせず行動に起こせる勇気の持ち主
【引っ込み思案】  自我がなく他人を優先できる 
【おとなしい】人を害さない・癒し系、そこにいてくれるだけでホッとする  
【頑固】  他人の意見にぶれない信念がある
【理屈っぽい】分析力に優れている 感情的になることなく物事を理論立てる
【飽き性】  吸収率が高い 瞬時に満足する能力

こんな感じで、印をつけた【短所】を【才能】としてみたらどうか・・

さて、 短所を才能に変換することが出来ましたか?

それがあなたの才能です。

今まで長年に渡り、短所だから駄目な部分だ とおもっていたものが、
見方を変えると 実は、あなたの才能だったと気がついてもらえましたか?

実際は、その奥を探っていけば もっと深いところに魂の本質がでてきますが、

短所の見方を変えれば立派な才能になある!

と言うこの方法を、知っているだけでも
自分に対する見方や 今まで苦手だなーーと思っていた人への見方もかわリます。

同時にコミュニケーション能力も上がります。

ただここで一つ【才能】を発揮する時の注意点があります。
これはすごく大事な観点です。

先程、短気の人は頭の回転が早いので、人より結論が早く見える才能を持っている。 とお伝えしましたが、

包丁の例えでお話したとおり、 どんな思いで、使うか!というのが最大のポイントです。

例えば頭の回転が早くて、結論が人より早く見える人が
職場の上司だったとします。
その上司が、頭の回転が早いという【才能】を、 自我の思いで使ってしまうと途端に短所に変わってしまいます。
瞬間湯沸器のように いつも怒鳴ってる・・みたいなことになります。
部下はたまったもんじゃありませんよね。

でも 逆に その才能を愛をもって人のために使うことができれば
部下からも慕われて、信頼関係も深まっていきます。

要するに、 使うときの思いによって、短所にも長所にもなるというのが
一番重要な観点なのです。

前回のブログで、私達の持っている【才能】を 携帯電話に例えでお話しましたが、

当たり前ですが、人間は携帯電話より遥かに尊い存在で、 最新の機種に新しく買い換えなくても 考え方や物事の捉え方、それによる行動次第で、 どこまでもアップグレードできます。

今ここに存在しているあなたの価値を、まずは知って ぜひその才能を世の中や人間関係の中で、 生かして頂きたいと願っています。

今回やったワークで、

・自分の短所のプラスの面を考えてもイマイチわからない
・もっともっと自分才能について詳しく知りたいという方は

「魂の才能を知るダイヤモンドメソッド」という 本の中に、 他にもいくつかのワークや、もう少し詳しい説明も 載せてありますので、

是非こちらを購入していただければと思います。

☆魂の才能を知るダイヤモンドメソッドアマゾン→https://www.amazon.co.jp/gp/product/4908181136

この内容が少しでもあなたの人生のお役にたてれば 嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。