ダイヤモンドメソッド

自分の声が嫌い!!#003

私は、子供の頃から自分の声にコンプレックスがありました。

自分は低い声だから恥ずかしいな〜って思ってました 。

大人になって録画した、 自分の動画を初めて見たときに
初めは画面見てなくて声だけを聞いてたので、自分って気づかなかったんですね。

でも聞こえてくる内容で、
「あれ?」って思って画面をみたら、自分だったんです。

「え、私こんな声してるの・・・・・・? 」

自分が普段聴いてる声と全く違って違和感があったので、
忘れていた、子供の頃の声が嫌いっていう感情が出てきてしまったんです。

ただ、思い返しても人生で
「声低いね」とか
「変な声してる」とか言われたこと一度もないんですよ。

じゃあ、なぜこんなにコンプレックスがあるのかな、、。
そもそも、なぜ嫌いになったんだろ・・・?
って考えいたら 思い出した事がありました。

小学生の時、仲のいい友達の声が高くて、すごいきれいで通る声 で、
恥ずかしげもなく、いっつも教室で、その子と大きな声で歌をうたっていました。
でも私は出る音域も狭く高い声は出ないし、通らないこもった声だから嫌だなって。

で、中学生になり、体育会系の部活に入った んです。
先輩と廊下ですれ違うだけでも心臓がバクバクするような 学校一
上下関係の厳しい部活でした。

朝練で、準備していて、先輩が遠くの方に見えたら 大きな声で
「おはようございまーーす!!」って 挨拶するんですよ 。

当然その友達は声がよく通るから、遠くでも先輩に声が届きます。

で、部活の時間になるとランニングから始まるのですが
クラブ独自の掛け声があって、みんなで走りながら1人ずつ
順番にかけ声をしていくんです。

そうすると、私の番になった途端にあまり聞こえなくなる・・・。

部活中、1年生はずーーっと声出しをさせられて・・・。

声が高くてよく通る友達はいつも褒められる対象なんですが、
私はいつも、声が出てないって怒られてました。

先輩が怖いから自分では必死に大きな声出してはいるんだけど、
声質か、もともと通らないタイプだし、 声量も少ないし、
必死で声出してても、 出してないと言われるんです。

何度も何度も叱られる ・・。

それともう一つ 、音楽の授業で1人ずつ前に出て校歌を歌わされたことがあつて、 当然音域が狭い私はうまく歌えないので、
すごーーく恥ずかしい思いをした事も思い出しました。

思春期真っ只中の私は、心が張り裂けそうに傷ついたんです。

その頃って人それぞれ声質があるなんてことがわからないから、

あ、、。
自分はダメな声なんだ、、、とか
なんや嫌だな・・私って・・ 誰も思ってないかもしれないのに、
勝手に自分否定してたんだな、、ってことに 大人になった今頃気づいたんです。

だから、自分の声嫌いだったんだ、、、って、

で、大人になり人に話す仕事をする様になって、
動画も撮るようになり、また声がなあ・・ なんて思ってたんです。

そしたら ここ数日で、なんと3人の人から、
「良い声してるねー」
「その声癒やされるから好きだわ・・」って褒められたんです。

何年か前にもすごく信頼してる人から、「声がいいよね!」っていわれたことを思い出して

私の声がいい!なんて思ってくれる人が世の中にいるんだ!
っていうことが衝撃的だったのと、
その言ってくれた人は、本心て言ってくれてるのが伝わってきたので
すごく恥ずかしいけど、嬉しい気持ちになりました。

よくよく考えてみたら、声が嫌いっていうのは贅沢な話で、
世の中には 声が出せない人だっていっぱいいるし、
健康で声が出せて人に思いを伝えることができるだけでも 恵まれてるわけですよ!

それを棚に上げて ケチをつけているって、なんとも傲慢な態度だったな、、
って思いました。

私の人生で、何千人とか何万人もいるわけじゃない
人生で出会った数限られた友人知人の中で、 この声をいいって思ってくれる人が5人もいるんだったら

もっと広いは範囲で世の中みわたせば、
この声を好きでいてくれて癒されてるって思ってくれる人が
もっといるに違いない!!って思いました。

だったら、いい加減このケチつけている傲慢な態度を悔い改めて
せっかく生まれ持って与えられたこの声を、癒やされるよって感じてくれる人に向けて どんどん届けようって思いました。

子供の頃言われた言葉って、けっこう根深いところに刺さっていて、 それがネガティブな感情を引き起こすんですよね・・。

同じこといわれても気にしない人は、ささらないわけで・・。

結局人が言ったことに対して自分が自分を勝手にジャッジしているだけなんだと・・。

肉体的なことで言えば、 体型一つとっても、満足できることがなくて、
食べても食べても太れないって、痩せすぎて悩んでる人もいれば、
すぐ太っちゃうけど食欲には勝てない、、って悩んでる人もいるし、

でも、いっぱい食べれるってことは、そもそも胃腸が丈夫で、 美味しく食べれるほど幸せなことは、ないと思うし、
太ってる人がなんか豊かで好き!っていう人もいるわけで・・。

私の友達で、 めちゃくちゃ可愛いい顔してて 声もすごくいい声してるのに
当の本人は 「自分の顔も声も嫌い」って言うんですよ・・。

思わず「罰当たりめ! 」

って言っちゃったんですけど笑

人間って、どこまでもないものねだりするもんなんですね・・。

とくに、肉体的な事は、けっこう自分で自分にケチつけませんか?

私もなんですけど・・
これ本当に肉体に失礼 ですよね・

本来は健康である事だけで、感謝しかないわけですもんね。

以前病気で、手術入院したことがあるんですけど、 何日間も点滴だけで
何日間ぶりに食べた具のないお味噌汁のおいしさは、今でも忘れない です。

こんなふうに病気になったりすると健康のありがたさが身にしみる のに
元気になるとすぐ忘れちゃうものなんですね・・。

もしこのブログを読んでくださっている人で、自分の体にケチをつけてる人がいたら、
今日から私と一緒に、自分の肉体にケチつけるのをもうやめませんか?

その方が、体も喜ぶし褒めていれば細胞だって活性化するに決まってる!
と思いませんか?

という事で、

今日から、自分の体にケチを付けるのをやめて 自分の体を愛してあげましょう〜〜!

という私の懺悔も込めたお話をシェアさせていただきました。

このブログを読んで私もそうする!
って思ってもらえたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。