ダイヤモンドメソッド

逃さないで!【人が成長出来る4つのチャンス】チャンスを絶対に掴むポイント#037

人生には成長出来るチャンスが山ほどあります。

ではそのチャンスの時とはいったいどんな時なのでしょうか。

一つめは【試練のとき 】です。

感情が激しく揺れるような嫌な出来ごとが起こった時 です。

この嫌なことが起こった瞬間こそが、まさに 次のステージに
行こうとしてる瞬間でもあります。

でもこのことを知らない人がほとんどで、
せっかく眼の前に成長出来るチャンスが現れているのに、
みすみすそのチャンスを逃してしまうのです。

『チャンスを逃す人の 特徴的な思考や行動パターン』としては

・感情的になって怒る、
・愚痴、不平不満を言う、
・他人や環境のせいにする
・言い訳をする 
・自暴自棄になる 
・ふてくされる 
・人に当たる
・自己卑下 
・失望 する などです。

このタイプの人達の共通点は

嫌な出来事はすべて【外部に原因がある】と捉えることです。

この捉え方をしている以上、
1年経っても5年後も10年後も全く成長することはできません。

外部のせいにするのは「誰でも出来る、簡単なこと」なのです。

逆に、 【自分にも何か原因がある】と捉えるためには
もう一段高い精神性がないと出来ないことです。

『どんどん成長する人の特徴的な思考や行動パターン 』は

・一旦感情的になったとしても、 どこかで冷静になって
すべての出来事には意味があり何か学ぶべき事があると
捉えることが出来ます。

自分にも原因や責任があるかもしれないということで
・ 決して、他人や環境のせいにしません。

素直に認めて、反省するという行為は 謙虚さがないと
出来ないことなんですね。

『自己卑下』と『反省』は全く違います。

自己卑下はただ単に、自分が悪いと決めつけるだけで、
出来事から教訓を得ないので、 また同じ事を繰り返してしまうのです。

その点、反省というのは、
出来事を客観的に見て、自分の原因を悔い改め
考え方、行動の仕方を変えていくので、同じ過ちをしなくなります。

『自分を信じて、 努力を怠らない 』

こういう人は、いろんな出来事を通じてどんどん成長していきます。

要するに試練が現れた時 どう受け止めて行動するかによって、
前進するか、後退するか、 はっきりと道が分かれるのです。

病気になって健康のありがたさがわかるように
人は、ある程度の試練を通して与えられていることの
感謝や謙虚さが生まれるし 教訓を得て成長していくもの なんです。

成長のチャンスの 2つ目が、

成功した時や 願いがかなったなど
【心が踊るような嬉しい出来事が起こった時 】です。

この時に、感謝ができるかどうかです。

頑張ってきたのは、もちろん自分なんですが
全ては自分の力だと思うか 人や環境など、
自分以外のおかげと思えるかどうか です。

有頂天になった時点で人は退転していきます。

本当の意味で自分一人の力で出来ることは何もないし
やはり謙虚さと感謝があってこそ人は成長していくものなのです。

3つ目は
【新しいことにチャレンジする時 】です。

どんなことでも、 はじめの一歩を行動に起こすには勇気がいります。

それでも勇気の一歩を踏み出して行動に起こしていく時には
普段考えない頭を使い、エネルギーを使い
眼の前の壁を突き破っていく行為なので、

結果、成功しようが、失敗しようが、経験値は増え成長することが出来ます。

そして4つ目は
特に試練や、嬉しい出来事があったわけではなく、
【日常がマンネリしていて なんとなく悶々している時 】です。

こういう時はたいてい自分の事ばかりを考えているものです。

『どうすれば与えられるか』ではなく
『誰かのために何かできることはないか 』と考え方をシフトして、
行動に起こしていくと成長することが出来ます。

特に世の中のお役に立ちたいと強く願っている人は
誰かのお役に立つこと自体が喜びそのものなので、
自分の存在が誰かの役に立ててないと 充実感や幸福感を感じないのです。

こういう人は、精神性が高く、常に成長することを願っているので、
なにかわからないけど、 もし今、
心がもやもやして晴れないと感じているなら
『誰かのお役に立つための行動を開始しましょう! 』
という魂のメッセージだと思ってください。

そんなあなたは、多くの人のお役に立てる
大きな使命があるとおもうので、
一度ゆっくりと静かな時間をとり、 自分の心と対話してみてください 。

そして、何をすることが本当の喜びなのかを書き出してみます。

使命がある人は、行動を起こした瞬間、
魂の奥底から エネルギーと喜びが湧き出してくることを
実感できると思います。

本来の使命に目覚めて活躍されることを心から願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です