ダイヤモンドメソッド 未分類

AIの時代に必要なのは、あなたの才能を発揮すること#043

あなたは『自分らしさ』を発揮している時が
どんな状態の時かを認識していますか?

あなたの本質的で素の状態の時は どんな時ですか?

その状態でいると
幸せな気持ちか増幅されたり
夢中で時間を忘れてしまったり、
ワクワクしたり
エネルギーがどんどん 湧き出てくるような時です。

この状態が
最もあなたらしく あなた独自の優れた才能が
発揮されている時でもあります。

ただ、 ほとんどの人が、自分の才能を発揮して
幸せを実感しているのではなく、

他人と比べて 劣っている部分を見つけ ては
「だから自分はダメなんだ」と 勝手にジャッジする生き方をしています!

これは、 学校教育の制度に問題があると思っています。

学力や目に見える才能だけに焦点を当て
点数で評価したり優劣を決めるような制度です。

子供は本当に素直で純粋なので、長年この制度の中にいると、
これこそが、人の価値を決める 正しい判断基準だと
間違った思想を刷り込まれていってしまうのです。

一人ひとりの個性や内面の素晴らしさを 認めて、
褒めて伸ばす教育をされるような 貴重な先生に出会えるのは
ごく稀で 宝くじに当たるくらいの確率かもしれません。

特に昭和生まれの私たちは、先生の言うことが絶対で
逆らえば体罰も当たりまえの軍隊のような教育で育った 世代なので、

親になっても、子供達の個性や才能を引き出したり
伸ばす方法をしらないのです。

なので世の中のほとんどの人が、 自分の才能を知らないどころか、
優れた性質を持っているのにもかかわらず
発揮しても認められなかったり、 否定された経験があると、
せっかく持って生まれた才能も、 欠点として捉えている場合があるのです。

もしあなたが今、  自分らしさを発揮できている状態なら、
楽しくて嬉しくてワクワクで、喜びが泉のように 湧き出てくる
感覚のはずです。

逆に 持っている才能を発揮せずに、封印したまま生きている人は
どこかで、 違和感や虚しさ また、不完全燃焼のような
言葉にできない悶々とした感情が出てきます。

今このような状態なら
本当の自分を発揮できていないと思って 間違いありません。

私達は本当の自分を発揮すると 魂が喜ぶようにできています。

私たち 全員に、そのバロメーターが組み込まれていて
自分らしいか、他人を演じているか必ず反応するようになっているのです。

ではここで一つワークをやってみましょう!

あなたに、惑星を一つ差し上げますので、
あなたが描く人類最高の星を創り上げてください

この惑星はお金が存在しません。
生活に必要なものはすべて 貴方好みの仕様で整っています。

また、欲しいものはいつでも 手に入るし、
ボタンひとつで なんでも創造することができます。

なので、 あとは、この惑星の住人として集めたい人の
(性格、性質、才能、特徴、タイプなど、) 内面的条件を
思いつく限り書き出してみてください。
いくつあってもかまいません。

例えば
穏やか
明るい
前向き
発想が豊か
思いやり
成長欲
約束を守る
律儀
調和
チャレンジャー
有言実行
好奇心がある
礼儀正しい
優しい

などなど

この条件は今後、気づいた時いつでも追加可能です。

さて、 出してもらった『住人にしたい人』の内面的条件ですが、
書き出したものすべて、 あなたが価値あると思っている性質なので
言い換えれは、これらの性質は全て
『あなた自身の内面的な優れた才能』とも言えます。

たくさん書きだした人は、それだけたくさんの
優れた性質を持っている ということになります。

今までこれが、あなた自身の優れた才能や価値だと
気づいていましたか?

この中に、長い間 自分の短所だと勘違いしていた
性質はありませんでしたか?

子供時代は本当に素直なので、 褒められれば自信になるし
否定されれば、欠点だと信じてしまいます。

でもジャッジした人の判断基準が、 正しいとは言えません。

当たり前ですが、 内面的性格のない人は存在しません。

その個性こそが 『幸せになるために使いなさい』と
神様から一人一人に与えられたものなのです。  

これからの時代 どんどんAI化が進み便利な世の中になっていきます。

でも、私たち人間に与えられた個性を活かす事は、
AIの頭脳以上にもっともっと尊い事なのです。

あなたの本質は全てあなた自身の 心が知っています。

現代は、耐える事が美徳とされる時代ではなく、
持って生まれた才能を発揮することが、 最高に価値あることとされる時代です。

どうか、自分の本質や可能性を 勝手にネガティブに
ジャッジするのではなく、 あなたの魂が喜ぶ声に素直にしたがって
持っている才能を思いっきり発揮出来ることを願っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です